辻元 英孝 Hidetaka Tsujimoto

[ 久野 / 倉橋 / 辻元 / 外山 / 西岡 / 野田 / 東田 / 平林 ]

プロフィール

  • 氏名:辻元 英孝(ツジモト ヒデタカ)tsujimoto
  • 職名:准教授
  • 学位:博士(工学)
  • 所属学会:日本化学会、色材協会
  • 専門1:有機化学
  • 専門2:機能物質化学
  • 専門3:有機EL
  • 研究室専門棟2 2階
  • E-Mail:h-tsujimoto@osaka-pct.ac.jp

中学生へのメッセージ

衣食住に関わる多くの材料は有機物質からできています。また、最近では有機物質を電子デバイスへと応用する動きが活発です。皆さんは、有機ELディスプレイという言葉を聞いたことはありますか?テレビやゲーム機に搭載されていますが、この中の色を出す材料として有機物質が使われています。環境物質化学コースでは、このような化学物質や環境・エネルギーに関して研究を行える人材を育成しています。

卒業研究

平成30年度

  • リン光性白金錯体の二量体化によるエキシマーの固定化
  • ヘテロポリ酸を用いたマラカイトグリーンの合成方法の検討

平成29年度

  • 置換基の立体効果の評価を目的としたリン光性発光材料の合成
  • ニトロ基を有するリン光性発光材料の合成
  • ヘテロポリケイタングステン酸を用いたアシッドブルーの合成

平成28年度

  • ベンゾシクロブテン前駆体の効率的な合成法の検討
  • カルバゾール骨格を有するリン光性発光材料の置換基効果の評価
  • ジベンゾフラン骨格を有するリン光性発光材料の置換基効果の評価
  • 脱水素型C-H活性化反応によるベンゾフロピリジンの合成

平成27年度

  • 新規攪拌装置を用いたTriphenylmethane酸化反応の合成収率の改善
  • ジベンゾフラン骨格を有する新規黄色リン光性発光材料の合成
  • ベンゾフロピリジンの新規合成法の検討

平成26年度

  • カルボキシル基を有するリン光性発光材料の合成
  • 高い発光量子収率を示す青色リン光性発光材料の骨格検討
  • 有機電子材料を含有するイオン液体の再生

平成25年度

  • トリフェニルメタンC-H酸化
  • ベンゾシクロブテン類の効率的な合成法の検討
  • 高い発光収率を示す青色リン光性発光材料の骨格検討
  • カルボキシル基を有するリン光性発光材料の合成

平成24年度

  • 有機無機ハイブリッド太陽電池に導入するα,γ-二置換ポルフィリンドナーの合成
  • 1,3-ジアセチルベンゼンの効率的な合成方法の検討
  • 無機材料ZnSへの分子分散を指向したリン光性発光材料の合成
  • 高い発光量子収率を示す青色リン光性発光材料の骨格検討

工学特別研究(専攻科)

平成30年度

  • ラジカル反応剤を用いたベンゾシクロブテンの合成

平成28年度

  • Phenyl(2-pyridinyl)methanolを有するリン光性発光材料の合成

平成27年度

  • カルボキシル基を有するリン光性発光材料の合成

平成25年度

  • カルバゾール骨格を有する新規リン光性発光材料の合成
  • ジベンゾフラン骨格を有するリン光性発光材料の合成
  • ベンゾフロピリジンの新規合成法の検討

平成24年度

  • O原子を有する新規リン光性発光材料の合成及び特性評価

担当授業

  • 総合工学実験実習I(本科1年)
  • 有機化学I(本科3年)
  • 有機化学II(本科4年)
  • 環境有機分析(本科4年)
  • 基礎研究(本科4年)
  • 環境物質化学演習I(本科5年)
  • 環境物質化学実験II(本科5年)
  • 卒業研究(本科5年)
  • 理論有機化学(専攻科1年)
  • 機能性材料(専攻科1年)
  • 工学基礎研究(専攻科1年)
  • 工学特別研究(専攻科2年)
  • 工学特別ゼミナールII(専攻科2年)

 

2019年4月現在